北海道&東日本パスについて(春・夏・冬)


北海道&東日本パス(春・夏・冬) 2013年〜2014年

青春18きっぷ
鉄道の日記念・秋の乗り放題パス

北海道&東日本パスとは?

北海道&東日本パス 毎年、春・夏・冬のシーズンに発売される、JR北海道・JR東日本の普通列車・快速列車、BRTが乗り放題になるフリーきっぷです。また、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線、富士急行線の全線が乗り降り自由です。

青春18きっぷと同じ時期に発売されますが、18きっぷよりも期間が長く(後述)、値段が安い(後述)などの違いがあります。

年齢制限はありません。誰でも利用可能。
2010年夏より、子供料金が設定されました。

1枚で ”連続する7日間” の使用が可能
青春18きっぷでは5日分を5人に分けることができますが、北海道東日本パスはそれができません。

購入するときには日付を指定しなければなりません。
その関係で、自動改札機を通ることができます。

第三セクターが乗車できるなど、青春18きっぷとは多くの相違点があります(後述)。

北海道&東日本パス 期間 2013年(平成25年)〜2014年(平成26年)

冬季
発売期間:
2013年12月1日〜2014年1月4日
利用期間:
2013年12月10日〜2014年1月10日

春季
発売期間:
2014年2月20日〜2014年3月31日
利用期間:
2014年3月1日〜2014年4月6日

北海道&東日本パス 販売額・値段

1枚あたりの価格は、7日間分で大人10,000円、こども料金は一枚5,000円(2013年現在)。
一日あたりの利用料金で換算すると、1,429円となり、格安というより激安です。

北海道&東日本パス 購入方法

JR北海道、JR東日本の『みどりの窓口』で購入可能。 また各地の旅行センター、びゅうプラザ、ツインクルプラザ、JR北海道プラザ、旅行会社などでも発売しています。

JR東日本は、指定席券売機、Kaeruくんで購入可能。

参考: JR東日本:指定券売機設置駅一覧
http://www.jreast.co.jp/estation/kenbaiki/

金券ショップ オークション

春夏冬のシーズンになると、ヤフーオークションなどのネットオークションや、 金券ショップでも購入することができます。

しかし、青春18きっぷと違って、北海道東日本パスは日付が指定されているので、
売る方も買う方も不便さがあります。
特に金券ショップに並ぶことは稀でしょう。
だからこそ格安で購入できるという点もあるようですが。

利用期間と価格を考慮すれば、オークションで購入するのもアリかもしれません。

参考: ヤフーオークション 北海道&東日本パス

北海道&東日本パスの特徴

主な相違点

北海道東日本パスはおおむね青春18きっぷと同じなので、 →青春18きっぷを参照してください。ここでは主な相違点を上げます。

・1枚を複数人で利用することはできません。
・購入時に利用を開始する日付を指定する必要があります。
・自動改札機を通ることができます。

利用可能な路線

  • JR北海道全線
  • JR東日本全線
  • IGRいわて銀河鉄道
  • 青い森鉄道
  • 北越急行ほくほく線
  • 富士急行

急行券等で急行列車に乗車可能

急行券・指定席券・寝台券など別料金を支払うことで、急行列車にも乗車可能。
かつては「急行はまなす」の自由席に乗車可能でしたが、現在は別途急行券が必要です。

特急列車に乗車できる特定区間

以下の区間は普通列車が運行されていない関係で、特急列車の普通車自由席に乗ることができます。

  • 津軽海峡線 蟹田駅〜木古内駅間
  • 石勝線 新夕張駅〜新得駅間

また、青春18きっぷとは違い、津軽海峡線の新青森駅〜函館駅間は、 別途自由席特急券を購入することで特急「スーパー白鳥」「白鳥」の普通車自由席に乗車が可能です。

 JR Station Photos

 切符情報

 読み物 コラム

 ブログ・メルマガ

 その他


北海道&東日本パス ページトップへ戻る

つちぶた本舗の全駅訪問の旅 HOME

Copyright (c) Tsuchibuta Honpo All Rights Reserved.