青春18きっぷについて(春・夏・冬)


青春18きっぷ(春・夏・冬) 2013年〜2014年

鉄道の日記念・秋の乗り放題パス
北海道&東日本パス

青春18きっぷとは?

鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ 毎年、春・夏・冬のシーズンに発売されるJR全線乗り放題の格安フリーきっぷです。
JRの普通列車・快速列車の普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに何度でも乗り降りすることができます。
(似たような切符として、秋の18きっぷとも言われる『鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ』、 JR北海道・JR東日本でのみ使用可能な『北海道&東日本パス』もあります)

年齢制限はありません。誰でも利用できます。

1枚で5日間(5人分)がひとまとめになっています。
複数人同時に使用できますが、切符は1枚で5人分になっているので、かならず同一経路を巡らなければなりません。

5回分を連続した日付で使用しなくてもOK。
1回目を使用してから、3日後に2回目、10日後に3回目、15日・16日後に4・5回目を使う、といったこともできます。
自分で無理に使わなくても、余った分を友人・知人に譲るということもできるので大変便利です。

青春18きっぷ 期間 2013年(平成25年)冬季〜2014年(平成26年)春季

夏季 
発売期間:
2013年7月1日〜2013年8月31日
利用期間:
2013年7月20日〜2013年9月10日

冬季 
発売期間:
2013年12月1日〜2013年12月31日
利用期間:
2013年12月10日〜2014年1月10日

春季
発売期間:
2014年2月20日〜2014年3月31日
利用期間:
2014年3月1日〜2014年4月10日

販売額・値段

1枚あたりの価格は、11,500円(2013年3月現在)。
一日あたりで考えると2,300円になる計算です。
子供料金の設定はありません。全年齢共通です。

青春18きっぷ 購入方法

青春18きっぷの買い方にはいくつか方法があり、 駅の「みどりの窓口」で直接買う方法が一般的です。

また、JRによっては販売期間になると自動券売機でも購入ができます。
JR東日本は、指定席券売機、Kaeruくんで購入可能。
JR西日本は、みどりの券売機(一部の設置駅を除く)で購入可能です。

参考: JR東日本:指定券売機設置駅一覧
http://www.jreast.co.jp/estation/kenbaiki/

金券ショップ オークション

春夏冬のシーズンになると、ヤフーオークションなどのネットオークションや、 金券ショップでも購入することができます。

「5日分はいらないが、2日分(2人分)が欲しい」といった場合に、 格安で買えるので場合によっては重宝します。

しかしオークションで購入する場合は特に、切符が届く日付と18きっぷの利用期間に注意しないと、 使用できなくなるおそれもありますのでその点はしっかり確認して置かなければなりません。

参考: ヤフーオークション 青春18きっぷ

青春18きっぷの特徴

新幹線や特急列車は乗車不可

新幹線や特急列車は乗車できません。
乗車券としても扱われないので、特急券を別に購入したとしても乗車できません。
別途乗車券を購入する必要があります。もちろんグリーン車にも乗車出来ません。

しかし、普通・快速列車のグリーン車自由席に限り、グリーン券を別途購入すれば乗車することができます。

普通・快速列車の普通車指定席について

普通・快速列車の普通車指定席を利用する場合は座席指定券を、
「ホームライナー」等の ライナー列車を利用する場合は乗車整理券またはライナー券を別に購入すれば乗車可能です。

しかし、 「中央ライナー」「青梅ライナー」、快速「マリンライナー」等のグリーン車指定席を利用する場合は、
普通乗車券及びグリーン券が必要なので注意が必要です。

特急列車に乗車できる特定区間

以下の区間は普通列車が運行されていない関係で、18きっぷでも特急列車の普通車自由席に乗ることができます。

・津軽海峡線 蟹田駅〜木古内駅間
・石勝線 新夕張駅〜新得駅間

ただし上記の区間であっても、一駅でも越えた場合は全区間の運賃を払わなければならなくなるので注意が必要です。
(新得駅から乗車したけれど、新夕張駅を通過してしまい下車できない、という列車もあるので注意)

また、宮崎空港線の宮崎駅〜宮崎空港駅間に限り、特急列車の普通車自由席に乗車出来ます。

BRT、JR西日本宮島フェリー、JRバス、その他の私鉄・第三セクター線の乗車について

JR線のBRTと、JR西日本宮島フェリーにも乗車可能です。

青い森鉄道線(※1)、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線、伊勢鉄道線、北近畿タンゴ鉄道線、智頭急行線、土佐くろしお鉄道線など、
JR線と直通運転をしている路線は利用不可。

JRバスも利用できません。

※1: 青い森鉄道線の「青森駅〜八戸駅間」、「青森駅〜野辺地駅間」、「八戸駅〜野辺地駅間」は、
普通・快速列車に乗車して通過利用する場合に限り、乗車することが可能です。
仮にこの区間で途中下車した場合は、別に乗車区間の運賃が必要になります。
つまり、青森駅、野辺地駅、八戸駅に限り下車することが可能ということです。

翌日にまたがる場合の乗車について

乗車した列車が0時を過ぎて翌日にまたってしまう場合は、
0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効となります。

ただし、東京付近及び大阪付近における電車特定区間内については、終電車まで利用することができます。

※その他の詳しいルールについては時刻表やJR各社のホームページをご参照下さい。

赤い青春18きっぷ(常備券)

赤い青春18きっぷ(常備券) 主にマルス端末機が置かれていない駅で販売される赤色の18きっぷ。

通常の青春18きっぷと効力の違いはありませんが、 一般の人にはなかなか購入が難しいだけにレア感を味わえます。

JR西日本・JR四国の一部の駅窓口で取り扱いされているようですが、
年々、取り扱う駅が減ってきているので、ますますレアな切符になりつつあります。

※JR北海道では2012年まで通信販売(現金書留や郵便為替と返信用封筒を送付した上で購入ができた)をしていましたが廃止されました。

 JR Station Photos

 切符情報

 読み物 コラム

 ブログ・メルマガ

 その他


青春18きっぷ ページトップへ戻る

つちぶた本舗の全駅訪問の旅 HOME

Copyright (c) Tsuchibuta Honpo All Rights Reserved.