北見駅(JR北海道・石北本線)駅舎・駅名標・ホーム・駅前写真・画像


北見

きたみ
にしきたみ はくよう
ほっこうしゃ(廃駅)

北見駅データ

開業日 明治44年(1911年)9月25日
開業日 昭和17年(1942年)10月1日(旧駅名:野付牛「のっけうし」)
平成18年(2006年)4月21日(北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線廃止)
住所 北海道北見市大通西1丁目
訪問日 平成17年(2005年)6月12日
再訪問日 平成24年(2012年)10月8日
駅名標
駅名標
ホーム
ホーム
ホーム
ホーム
駅舎内
駅舎内
駅前
駅前正面
駅舎
駅舎

2006年4月20日まで、ふるさと銀河線接続駅でした。現在のホームは2面3線ですが、ふるさと銀河線が現役だった頃は島式ホーム南端に切り欠きホームがありました。ホーム上家と跨線橋は古く、柱の古レールは見ものです。待合室にはガラスケースに何本もの古レールが飾られており、レールの歴史を少しかじることができます。駅にはコンビニ、駅そば、駅弁がありとても便利。非常に利用客の多い駅です。(※蕎麦屋・駅弁は2007年(平成19年)8月に閉店となったそうです)

旧駅舎

旧駅舎
@旧駅舎
昔の駅前風景
A昔の駅前風景
(@A1980年7月19日 撮影:カラスのクンセイ様 )

かつては荘厳な木造駅舎が建っていました。駅舎改築は、1983年(昭和58年)10月1日。

2012年

駅名標
駅名標
ホーム網走方面
ホーム網走方面。向かい側島式ホームにあった「ふるさと銀河線」の切り欠きホームが無くなっています
改札口
改札口。液晶の発車標が付きました。
待合室とコンビニ型キヨスク
駅舎内奥に待合室とコンビニ型キヨスクがあります。待合室内にも液晶型発車標が置かれていました。以前は写真左側に駅弁売り場がありましたが2007年8月閉店
駅前正面
駅前正面。北見信金のビルが建ち、左側のビルが無くなりました。
駅舎正面
駅舎正面。三角屋根と立体文字の大きめな駅名看板が目を引きます。
駅舎全体
駅舎全体。左から、南北自由通路、駅舎、観光案内所
北見観光案内所
駅舎横に立つ『北見観光案内所』。前は「北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線」の本社でした。それ以前は「アサヒビール園」で、文字もうっすら残っています。
駅前左手
駅前左手に南北地下通路入口があり、その裏側にバスターミナルがあります。巨大な建物は旧東急百貨店で、現在は第三セクターの『まちきた大通ビル コミュニティプラザ パラボ』となっています。
南北地下通路内
地下通路内
 
 

 
地下通路を出て南側の駅前正面
地下通路を出て南側の駅前正面
駅南側の地下通路入口
駅南側の地下通路入口
自由通路(跨線橋)『みんとロード』内
駅北側にある自由通路(跨線橋)『みんとロード』内。
跨線橋を渡った先の駅前
跨線橋を渡った先の駅前。閑静な住宅地
自由通路出入口
駅裏側の自由通路出入口。ガラス張りの豪華な建物です。エレベーター完備。
『開通100周年
駅舎内に下がっていた『開通100周年』垂れ幕。「大正元年10月5日 北見〜網走間開通」とあります。
りくべつ鉄道
旧陸別駅で「ふるさと銀河線」の車両を運転体験できる旨のポスター。2012年4月28日、1.6km延長!
詳しくは→『陸別町商工会』、『りくべつ鉄道

撮影:平成24年(2012年)10月8日

北見駅お役立ち外部リンク
Wikipedia
北見駅
地図 位置情報
北見駅 地図


えきから時刻表
えきから時刻表サイトトップ
楽天トラベル 宿泊
駅名からホテルを検索
Yahoo!トラベル宿泊予約
駅名・地域からホテル・旅館を検索

さようなら江差線【Amazon】
さようなら江差線【楽天ブックス】


秘境駅・小幌駅【Amazon】
秘境駅・小幌駅【楽天ブックス】